性病予防情報局トップページ > B型肝炎> B型肝炎とは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

B型肝炎とは

B型肝炎とは、
肝炎ウイルスのうちのB型肝炎ウイルスの感染により起こる病気です。
B型肝炎に感染すると肝臓の肝細胞が破壊されていきます。

B型肝炎には、ウイルスに感染し、ウイルス自体が肝臓に潜んでしまう場合があり、そのうちの1~2割が発症する慢性B型肝炎とウイルス感染後、一定期間を経て、ウイルスが排除されていく一過性の感染のうち、そのなかから発症したり、一過性感染者の血液から輸血で感染する急性B型肝炎があります。