性病予防情報局トップページ > B型肝炎> B型肝炎の治療

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

B型肝炎の治療

B型肝炎治療法としては、急性B型肝炎の場合は、肝庇護薬の使用による治療があります。
これは肝庇護薬である、強力ミノファーゲンCなどの静脈注射によるもの、小柴胡湯などの経口投与により治療するものとがあります。

肝庇護治療は、ウイルスの排除が目的ではなく、肝細胞の安定、肝機能の改善を目的としているため、長期間の服用が必要となります。また、慢性B型肝炎の治療には、ウイルス排除を目的とした抗ウイルス療法があります。
主には、ウイルスの増殖を抑制するインターフェロン療法、薬物により免疫力を高め、ウイルスを撃退する治療方法があります。薬物にはステロイド、有機ゲルマニウムなどを使用していきますが、十分な知識が必要とされますので、必ずB型肝炎の専門医と相談し治療することが重要です。