性病予防情報局トップページ > ヘルペス> 口唇ヘルペス

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスの1型に感染し起こる病気です。のまわりに赤い水泡ができ、痒み、痛みを生じます。

風邪などで体力が落ちているときなどに口唇のまわりに水泡ができる場合がありますが、これが口唇ヘルペスの典型的な症状です。口唇ヘルペスに感染している人は発症していない人も含めると成人の約40~50%に相当するといわれています。

ただ、口唇ヘルペスは、昔は幼少期のうちにいつのまにか口唇ヘルペスに感染し、免疫を持つ人が多かったのですが、最近では、衛生管理の向上、改善が施されるなどの影響で若年層でも感染者が減少し、ヘルペスウイルスに対する免疫を持たない人が増えています。