性病予防情報局トップページ > クラミジア> クラミジアとは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

クラミジアとは

クラミジアとは、
クラミジア細菌のうちのクラミジアトラコマティスがセックスにより感染し、起こる病気です。クラミジアの増殖方法は特徴的であり、人の細胞に感染すると細胞内に侵入し、細胞質内で分裂し増殖を繰り返していきます。

クラミジアは感染後、2~3日程度で増殖をはじめ、細胞を破壊し、細胞の外へ放出されます。その後、その放出されたクラミジアは他の細胞へと入り込み、更に増殖し、繁殖していきます。

近年、クラミジアの感染者数は急増しており、報告されている患者数ももっとも多くなっています。このうち特に10代後半から20台前半までの、いわゆる若年層のクラミジア感染者の占める割合が増加の傾向にあるのが現状です。クラミジアは、感染しても目立った症状がでない場合も多く、報告されている患者数よりも実際のクラミジア感染者は、はるかに多いとされています。