性病予防情報局トップページ > クラミジア> クラミジアの検査

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

クラミジアの検査

クラミジア検査は、
採血による検査及び内診による子宮頸管の検査とがあります。なお、男性のクラミジア検査は、尿道を検査します。

採血でのクラミジア検査は、クラミジアに感染したことで生体反応を示す抗体を検査するものです。この検査により、クラミジアに感染したのかどうか、クラミジアの他への感染力が高いのかがわかります。

女性のクラミジア検査は、子宮頸管の検査で、クラミジア菌の存在について検査をしますが、これには子宮頸管の細胞からクラミジアの抗原を検出する場合と、クラミジアのDNAを検出する場合とがあります。クラミジア検査においては、DNAによる検査が一般的であり、精度も高いとされていますが、検査金額が高額であること、頸管にクラミジア菌がない場合は検出できないという問題があります。