性病予防情報局トップページ > 疥癬(かいせん)> 疥癬とは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

疥癬とは

疥癬とは
ヒゼンダニという小さなダニが寄生することで起こる病気です。

疥癬虫ともいわれるヒゼンダニは、皮膚の角層内に潜み、トンネルを掘り寄生し産卵します。ヒゼンダニは、体長が0.2mm~0.4mmくらいで肉眼で見ることはできません。ヒゼンダニは、交尾後、メスは人の皮膚に潜り込み、 皮膚の中に1ヶ月以上の間、1日に2~3個の割合で卵を産み続けます。ヒゼンダニの卵は3~4日で孵化し2週間で成虫となり、また卵を産むという行為を繰り返していきます。

疥癬は、昔は性交渉による感染が主でしたが、現在では高齢者、その介護者などに多く症例が見られており、性行為による感染の占める割合は、疥癬患者全体の約1割くらいとなっています。疥癬は、皮膚から皮膚へ感染し、雑魚寝などでも感染するほど非常に感染率が高い病気です。