性病予防情報局トップページ > 疥癬(かいせん)> ノルウェー疥癬とは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

ノルウェー疥癬とは

ノルウェー疥癬とは、
1人の身体に100万から200万ほどの大量のヒゼンダニが寄生している場合をいいます。通常の疥癬では、疥癬虫の寄生する数は、約1000匹程度であり、その寄生数の差からもノルウェー疥癬の感染力は、相当高いものであり、疥癬の重症例です。

高齢者や病気などで免疫力が低下している場合に発生しやすいのがノルウェー疥癬です。

ノルウェー疥癬の名前については、1848年ノルウェーの学者がはじめて角化の悪化した疥癬の症例を報告したことに由来しています。ノルウェーに多い疥癬というわけではありません。
現在では、過角化型疥癬と呼ぶのが妥当です。