性病予防情報局トップページ > カンジダ> カンジダとは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

カンジダとは

カンジダとは、
真菌と呼ばれるカビの一種です。通常、皮膚、粘膜に寄生しており、もともと人が体内に持っているものですが、体調不良などといった、なんらかの要因により発症します。
カンジダは、女性に多く見られ、成人女性においては約10%、妊婦の約30%がカンジダ菌に感染しているといわれています。

カンジダ菌の感染については、セックスによる感染だけではなく、母子感染や元来、体内に持っているカンジダ菌の発症などのケースがあります。

カンジダ症は男性が感染していても症状が出ることは、あまりありません。