性病予防情報局トップページ > カンジダ> カンジダ膣炎

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は、
身体の抵抗力が低下しているなど、健康状態が良くないことに起因し、カンジダが膣内で繁殖し起こる病気です。

そもそもカンジダは、体内に存在するものです。

膣内からカンジダが検出される割合は、成人女性の約1割程度といわれていますが、カンジダ膣炎は、このカンジダが異常繁殖し、おりものに異常を起こしたり、外陰部にかゆみが生じたりする病気です。風邪による体力の低下、疲労、寝不足、ストレスなどといったことが主な要因になっています。