性病予防情報局トップページ > カンジダ> 口腔カンジダ

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

口腔カンジダ

口腔カンジダとは、
口腔内の粘膜にカンジダが繁殖し発生する病気です。

カンジダは通常、口内に常在しており、病原性は低いため、健康体の人が、口腔カンジダを発症することはまれです。

発症に関しては、疾患により体の抵抗力が弱わっている場合や、抗生物質の長期使用で口内のカンジダ菌のバランスが崩れた場合に発症します。

発症部位は、舌、頬の内側といった粘膜が多く、白い苔状の塊がぽつぽつとできてくるのが口腔カンジダの特徴です。