性病予防情報局トップページ > ヘルペス> ヘルペス脳炎

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

ヘルペス脳炎

ヘルペス脳炎とは、単純ヘルペスウイルスがまれに脳に感染し起こる大変重症な病気です。
ヘルペス脳炎にかかると高熱、頭痛といった風邪に似た症状からはじまり、さらに感染が進行すると脳が重度の損傷を受け、錯乱、けいれん、発作、昏睡などが起こるようになります。

ヘルペス脳炎にはじめて感染した場合は、ウイルスは鼻の粘膜から嗅神経をつうじ脳に感染していきます。再発の場合は、神経に潜伏していたウイルスが脳へ達し、ヘルペス脳炎にかかることもあります。ヘルペス脳炎にかかり脳の側頭葉に障害がでると幻覚、言語障害、妄想、異常行動などの症状を発することがあります。