性病予防情報局トップページ > 梅毒> 梅毒の症状

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

梅毒の症状

梅毒症状は、
第1期から第4期にわけられます。

第1期は、梅毒感染後3ヶ月ほどの期間をいいます。
梅毒に感染した部位に赤い潰瘍ができますが、潰瘍は痛みもなく数週間後に消滅するので、とくに気にならない状態です。

第2期は、感染後、3ヶ月から2年ほど経過した期間をいいます。
全身に発疹があらわれ、発熱、疲労感を伴い、さらには脱毛、リンパ節の腫れ、といった症状がでるようになります。

第3期は、梅毒感染後、2年以降経過した状態です。
このころになると、かたいしこり、ゴムのような腫れなどがみられ、激しい痛みを伴うようになり、眠れないほどともいわれます。

第4期は、梅毒感染後、放置したまま10年以上経過した状態で、脊髄、脳などがおかされ、痴呆性、誇大妄想、などの症状があらわれてくるようになります。