性病予防情報局トップページ > 梅毒> 梅毒の検査

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

梅毒の検査

梅毒検査法には、
病原体を検出する検査、血清中の病原体に対する抗体を調べる免疫血清検査がある。通常、免疫血清検査が主に用いられています。

血清反応検査では、まずTPHA法(梅毒トレポネーマ抗原法)を行い、さらにFTA-ABS法で検査します。これは、梅毒に感染していても陽性反応がみられるまでに3週間は必要とされるからです。

つまり、3週間経過前であれば、たとえ梅毒に感染していても検査では陰性となります。したがって、後日再検査もしくは、FTA-ABS法により検査を行うのです。