性病予防情報局トップページ > ヘルペス> 角膜ヘルペス

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

角膜ヘルペス

角膜ヘルペスとは
単純ヘルペスウイルス1型が角膜へ感染して起こる病気です。
角膜ヘルペスにかかると目にうずくような痛み、涙が出る、充血、視力の低下といった症状が見られます。また、角膜ヘルペスの症状はほとんどの場合、片がわの目だけに起こります。

ヘルペスウイルスに感染すると、ウイルスは毛様神経節に棲息しますが、たいていの場合、ウイルスが潜伏したまま無症状で終わります。しかし、体力の低下、疲労など、何らかの原因で、ウイルスが活性化し、神経節に眠っていたウイルスが角膜に分布する三叉神経を経て角膜で増殖していくことがあり、これが角膜ヘルペスと呼ばれています。

角膜ヘルペスの種類は、大きく分けると、もっとも症例の多い角膜の外側にある上皮に感染する上皮型角膜ヘルペスと、2番目に多い、感染後、角膜の中心にある実質層でウイルスに対する免疫反応が起こり、内部が混濁する実質型角膜ヘルペスがあります。