性病予防情報局トップページ > コンジローム> 扁平コンジロームとは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

扁平コンジロームとは

扁平コンジロームは、梅毒の症状の第2期に、女性の大陰唇、小陰唇、肛門の周辺にあらわれる梅毒疹のことです。
扁平コンジロームになると、ピンク色や灰色の平らに盛り上がった腫瘍が多くできます。
自覚症状は、ほとんどありませんが、歩行中にこすれる、尿がつくなどで、ひりひりと熱感のある痛みを感じるようになります。

扁平コンジロームと尖圭コンジロームは、名前は類似していますが、全く別の病気です。