性病予防情報局トップページ > ヘルペス> 単純ヘルペスウイルス

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

単純ヘルペスウイルス

単純ヘルペスウイルスには1型と2型があります。
1型は、おもに口唇、角膜といった上半身に、2型は、性器など下半身に症状がでるとされています。

単純ヘルペスウイルスに感染すると皮膚、粘膜に小さな水泡ができます。単純ヘルペスウイルスにいったん感染するとウイルスは神経節の中で潜伏することとなり、その後、単純ヘルペスウイルスは周期的に再活性化を起こし、増殖し、以前の感染部位と同様の箇所に水疱を作ります。

単純ヘルペスウイルスは口唇、性器、角膜への感染のほか、妊娠している母体から新生児に感染するケースなどもあります。単純ヘルペスウイルスは感染力が強いため、性器感染、口唇感染などの場合、パートナーに感染している場合が多く、パートナーも治療を受けることが望ましいとされています。