性病予防情報局トップページ > いんきんたむし> いんきんたむしの治療法

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

いんきんたむしの治療法

いんきんたむしの原因である白癬菌の治療は、抗真菌薬のクリームなど専用の軟膏を塗ることで、1~2週間で治ります。

抗真菌薬は、市販されていますので、処方箋なしで購入が可能です。ただし、いんきんたむしの場合、羞恥心から自己診断により市販薬の使用で、症状を悪化させてしまうことが多いので、医師による適切な治療を受けたほうがよいでしょう。
また、治療には、パウダーを散布する方法もありますが、クリームよりは効き目がありません。

クリームによる治療方法については、1日に1~2回いんきんたむしが発症している部位に塗ります。やがて、ぶつぶつは消えますが、完全に消えた後も、クリームの塗布を1~2週間程度継続しなくてはなりません。
これは、クリームの塗布により、効果があったからといって、使用をすぐやめてしまうと、いんきんたむしは、完全には治癒せず、再発することが多いからです。

ほかには、重症のいんきんたむしや、クリームによる治療効果が見られない場合は、イトラコナゾールなどの抗真菌薬を内服します。薬は毎日服用していきます。