性病予防情報局トップページ > 淋病> 淋病とは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

淋病とは

淋病は淋菌の感染により起こる病気です。

淋病は、おもに性交渉により感染しますが、最近ではオーラルセックス、ペッティング、アナルセックスなどでも感染することがわかっています。こうした場合、淋菌は、咽頭や直腸にも感染します。

淋菌は、高温にも低音にも弱く、人の体から外へでると長くは生きられません。感染は、人から人への直接感染、つまり性交渉により感染し、淋病を発症していくのです。男性は、尿道に、女性は子宮頸管、卵管などに感染することが多いです。

淋病の罹患状況としては、男性に多く、年齢も男性は20歳代、女性は10歳代後半と若年層に多い傾向にあります。