性病予防情報局トップページ > 淋病> のど淋病とは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

のど淋病とは

のど淋病とは、オーラスセックスによりのどの粘膜に淋菌が感染して起こる感染症のことです。
のど淋病は、フェラチオ、クンニリングスによって、性器からのど、または、のど淋病に感染している人から性器へと感染していきます。

のど淋病が増えている背景には、オーラルセックスそのものが、一般的に定着してきたことと、最近では風俗嬢に多く症例がみられていることで、それが感染源となっていることなどがあげられます。