性病予防情報局トップページ > 淋病> 淋病の治療法

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

淋病の治療法

淋病治療には、ペニシリン系の抗生物質の使用が有効です。しかし、昨今、これら抗生剤への耐性を有する菌が増加しているのが現状ですが、より淋菌に対し、効き目の強い抗菌薬が処方されます。

淋病治療に有効なものとして、他にも、セフェム系、アミノグリコシド系の抗生物質を使用しますが、もっとも有効であるのはペニシリンです。治療に要する期間は、3~6週間ほどです。

治療方法としては、注射、内服のいずれかによります。
内服による治療の場合は、薬により、使用法が異なりますので、医師の指示を受け、正しく使用することが大切です。