性病予防情報局トップページ > ヘルペス> 帯状ヘルペスとは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

帯状ヘルペスとは

帯状ヘルペスとは、またの名を帯状疱疹といいます。
水痘(水疱瘡)が治った後、ヘルペスウイルスは人体の神経節に潜んでおり、それが疲労やストレスなど、なんらかの原因で免疫力が低下すると、ウイルスが再び活動を始めることで起こる病気です。

顔や胸、背中などの神経にそって痛みを伴う発疹や水疱が帯状に現れるのが特徴です。
帯状ヘルペスの水泡は、必ず体の右側か左側だけにブロック状に発生します。最初の2、3日はピリピリした痛みが先行し、その後水疱が出てくるようになります。

帯状ヘルペスの症状には個人差があり、水疱の出方も多種多様である。一般的に、高齢になるほど症状は悪化しやすく、治りにくとされています。