性病予防情報局トップページ > エイズ> エイズと風俗の関係について

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

エイズと風俗の関係について

エイズと風俗の関係については、次のようなことが考えられます。

1.風俗店での「生」の行為とアナルセックスによりエイズウイルスへの感染率が高まっている。
 これは、フェラチオ、素股などの行為を含みます。
2.傷からの感染。
 日々不特定多数の客と接することで風俗に従事する女性には、口内、膣内に傷があることが多く、
 そこからエイズウイルスが感染することが多い。
3.風俗店を利用する客側の意識の問題。風俗を利用する男性のエイズについての認識がまだまだ低く、 安易に「生」の行為の要求、エイズ検査などへの意識も低いという状況。

風俗店としてエイズの有効な防止法としては、風俗店側が定期的に女性にエイズ検査を受けさせる環境を整えることであり、エイズ検査実施ということを店側のセールスポイントにするなどの改善策が求められています。