性病予防情報局トップページ > クラミジア> クラミジアニューモニエとは

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

クラミジアニューモニエとは

クラミジアニューモニエとは、クラミジアニューモニエ菌の感染によりおこる肺炎です。
クラミジアニューモニエ菌は、世界的に約半数の人が成人までに感染して抗体をもち、加齢とともに抗体数が増えていきます。
クラミジアニューモニエは、小児期から高齢者がかかり、咳によりヒトからヒトへ感染します。

潜伏期間は、3~4週間くらいです。
発症しても症状が比較的軽症で、そのため感染を繰り返しやすいのが特徴です。