性病予防情報局トップページ > クラミジア> クラミジアと妊娠について

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

クラミジアと妊娠について

クラミジア妊娠の関係については、不妊症や子宮外妊娠を引き起こす大きな要因となります。

クラミジア感染の初期は無症状の場合が多いため、そのまま放置され、女性は骨盤内炎症性疾患へとなり、卵管の癒着や閉塞につながっていき、それが原因で不妊症、子宮外妊娠に陥ることとなります。
また、クラミジア感染時に妊娠している場合は、流産、早産になりやすく、出産時に感染していれば産道感染から、新生児が肺炎や結膜炎を起こすことになります。