性病予防情報局トップページ > 性病とコンドーム> コンドームのつけ方についての注意事項

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

コンドームのつけ方についての注意事項

コンドームつけ方については以下の注意事項に留意しなければなりません。

1.袋から取り出すときに、傷をつけないように中身を脇に寄せるなど注意して開封します。
2.コンドームの裏表を間違えないようにする。ざらついている側が裏、ぬるぬるしているのが表です。
3.精液だめを指でつまみ、空気が入らないように注意しながら、ペニスにかぶせていきます。
4.精液だめをつまんだまま、コンドームをペニスの根元までしっかりと下ろします。
5.射精後は、すばやくペニスを膣から抜き、コンドームを外し、ティッシュなどに包み捨てましょう。
6.セックスの途中ではなく、挿入する前からコンドームを装着します。射精直前に装着しても性病感染の予防にはならないので注意しましょう。

このように正しくコンドームを使用することで、性病を予防することができます。