性病予防情報局トップページ > 性病・性感染症> 性病・性感染症の歴史

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

性病・性感染症の歴史

性病についての記録は、エジプト、ローマ時代、古代中国時代にまでさかのぼります。
しかし、この時代の、性病とは、性行為による感染ではなく、単に性器の異常によるものと考えられます。

現在のような、いわゆる性行為による感染が原因とされる性病、性感染症の最初は、1493年コロンブスがハイチ諸島からヨーロッパに持ち帰った梅毒の流行である、とする説が有力です。

梅毒は、日本においては、パスコ・ダ・ガマの東方探検によって、インド、中国などを経て、1512年に持ち込まれたと考えられています。


梅毒は、当時、唐瘡、揚梅瘡などと呼ばれ、湿気などによる炎症などと考えられていましたが、次第に、性行為による関連付けがなされるようになりました。

江戸時代後半から明治にかけて歓楽街(花柳界)の売春と深い関係がある病気とされ、ヨーロッパで呼ばれていたVenereal diseases(ヴィーナスの病気)をまね、花柳病と呼ばれていました。
このころから、梅毒は、性行為による感染で起こる病気という考えが広まったのです。

花柳病は、遊女や娼妓がひろめる性行為感染症として、検査や病院の設立などの対策が講じられました。


やがて、1873年に淋病、1889年に軟性下疳菌、1905年に梅毒が発見され、花柳病が病原体による感染症であるということが判明したのです。


昭和に入ると、梅毒などの性病は、世の中に広がっていきました。

第二次世界大戦終了後の混乱期にはさらに性病が広まって、昭和23年に性病予防法が制定されたのです。

性病に指定されたのは、淋病、梅毒、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫(第四性病)の4種でした。
1999年、感染症新法の制定により、これらの性病にくわえ、クラミジア、ヘルペス、B型肝炎、エイズなどの性感染症が、加わりました。

クラミジア、ヘルペス、B型肝炎、エイズなどは、現在、不気味に増加しており、とくに性の低年齢化による若年層を中心に、これら性感染症が、急激にひろまっている状況です。