性病予防情報局トップページ > アメーバ赤痢> アメーバ赤痢の治療

ひょっとして性病かも?

もしかしたら、思い当たることはありませんか?
性病には症状が出にくいものもあります。まずは検査を!

アメーバ赤痢の治療

アメーバ赤痢を診断する場合には、検便と血液検査によって、診断します。

アメーバ赤痢の治療には、抗トリコモナス薬のメトロニダゾールの内服が有効とされます。

ただし、アメーバ赤痢は肝臓に膿がたまり、肝膿瘍(のうよう)を併発することがあり、その場合は、膿を除去する手術が必要となります。

肝膿瘍は、症状が悪化すると生命の危険が伴うため、早急に専門医の診断、処置を受けることが大切です。